顔脱毛と紫外線の関係

顔脱毛と紫外線の関係

脱毛を行う際に絶対にしてはいけないのが日焼けです。
医療機関で行うレーザー脱毛法もエステサロンで行う光脱毛法もいずれも黒い色に反応して光を照射しるものです。このため肌が日焼けしてメラニン色素が増えてしまうと光の威力が分散してしまい脱毛の効果が低くなってしまうのです。またそれ以上に肌にダメージを与える危険性もあります。脱毛を効率良く行うためには肌の色とムダ毛の色がはっきりとしている方が良いのです。
現在クリニックやエステサロンで使われている脱毛機器は昔に比べると非常に性能の良いものとなっていますが、やはり薄く細い毛には反応し難いということも事実です。そうでなくとも顔のムダ毛は他の部位に比べて細く薄い毛が多いのです。その上日焼けをして毛の色がさらに分かり難くなると脱毛の効果を上げることはかなり難しくなります。やはり効率の良い顔脱毛を行うためには紫外線対策をしっかり行い、絶対に日焼けをしないようにしてください。

 

紫外線は肌のメラニン色素を増やすだけでなく、脱毛後の肌にも悪い影響を与えてしまいます。日焼けをするというのはごく軽い火傷を負っているのと同じことです。脱毛直後は肌がとても敏感になっています。そこで日焼けをしてしまうとさらに肌は大きなダメージを受けることになります。脱毛直後の肌は敏感で色素沈着を起こしやすくなっていますので、せっかく脱毛してもシミができてしまっては何にもなりません。
脱毛をお考えなら紫外線対策を万全に行うようにしてください。

 

関連ページ

うぶ毛の手入れ
うぶ毛は気になるムダ毛であり、手入れも結構やっかいなものです。一般的なうぶ毛の処理方法はカミソリやシェーバーで剃るというものです。
少ない回数で顔脱毛するコツ
顔のムダ毛は薄くて細いうぶ毛が多いため、光脱毛の反応が鈍くなることがあります。このため効果が上がり難いことも事実と言えます。
顔脱毛を安全に行うには
顔は他の身体の部位と比べて皮膚が薄く、刺激に弱くなっています。このため薄くて細いうぶ毛に覆われているのです。

このページの先頭へ戻る