うぶ毛の手入れ

うぶ毛の手入れ

うぶ毛は気になるムダ毛であり、手入れも結構やっかいなものです。一般的なうぶ毛の処理方法はカミソリやシェーバーで剃るというものです。うぶ毛を剃るとファンデーションのノリが格段に良くなりますし、顔色も一段と明るく見えます。
逆にうぶ毛が顔にあると汗や皮脂が溜まりやすくなるので化粧崩れの原因ともなりますし、雑菌が溜まってニキビや肌荒れの原因にもなります。やはりうぶ毛は処理をしてきれいな肌を保ちたいものです。

 

うぶ毛をカミソリやシェーバーを使って処理している人が多いようですが、これは肌へのリスクが大きい行為と言えます。カミソリやシェーバーの刃は毛を剃る時に一緒に肌の皮膚の表面も削り取っているのです。これがカミソリ負けや肌荒れの原因となります。
また、うぶ毛を剃っていたら濃くなったという話を聞くことがありますが、これは毛が濃くなったのではなく、毛を剃った時の断面が斜めになるため表面積が多くなって濃くなったと感じるためです。また、ムダ毛を気にするようになる時期とも関係があります。ムダ毛を気にし始めるのは大体思春期に入る小学生、中学生の頃です。この頃はまだ身体が成長過程にあるので毛も濃いくなっていく時期と重なっています。このためムダ毛を処理することで毛が濃くなったと感じる人が多いようです。

 

カミソリやシェーバーによるムダ毛処理はリスクを伴いますし、生えたら剃る、を半永久的に繰り返すことにもなります。それなら顔脱毛を行ってうぶ毛処理をしなくても済むようにした方が肌への負担を格段に減らすことになります。

 

関連ページ

少ない回数で顔脱毛するコツ
顔のムダ毛は薄くて細いうぶ毛が多いため、光脱毛の反応が鈍くなることがあります。このため効果が上がり難いことも事実と言えます。
顔脱毛を安全に行うには
顔は他の身体の部位と比べて皮膚が薄く、刺激に弱くなっています。このため薄くて細いうぶ毛に覆われているのです。
顔脱毛と紫外線の関係
脱毛を行う際に絶対にしてはいけないのが日焼けです。 医療機関で行うレーザー脱毛法もエステサロンで行う光脱毛法も

このページの先頭へ戻る